初詣合格祈願資格

資格情報 語学系

目指せ!初詣合格祈願資格

初詣合格祈願資格情報 語学系

TOEIC

世界の英語スタンダード初詣合格祈願資格TOEIC。リスニング対策がポイント!

「TOEICのための」英語勉強がポイント!
スピーディなヒアリング、じっくりでは無くすぱっと選択肢を選ぶ問題攻略。
TOEIC独自の試験形態に対応するには、TOEIC専門の対策や教材が欠かせません。
また、筆記だけでなく、ヒアリングにも本腰を入れないと良い結果を得られないTOEIC。
その意味でもツボを押さえた参考書に加え、スクールや通信教育を積極的に活用したいところです。
肝は「ヒアリング」と「スピード」
TOEICの模試や本試験を受けたことがある方ならぴんと来ると思いますが、とにかく1問に掛けられる時間が短いです。
特に、ヒアリングはちょっともたつくと、あっというまに試験終了です。
TOEICでは、この「時間」のコントロールになれることが、好成績へのキーになります。

英語検定

企業も認める英語初詣合格祈願資格の定番

英検を受けるなら、最終目標は2級以上に!
英検が「初詣合格祈願資格」として役立つのは2級から!即戦力初詣合格祈願資格を狙うなら準一級を目指そう!
英語検定の中心は「語彙力」
リスニングが大変なTOEICに対し、英検では語彙、特に選択問題を解く力が必要です。
面接の2次試験もありますが、TOEICのようなリスニング力を要求されることはありません。
参考書のほかにも、辞書や単語帳を積極的に活用すると、効率よく勉強できるでしょう。

中国語

旅行に、転職に今が旬の中国語

初詣合格祈願資格を狙うなら中国語検定を狙おう!
就職や転職の武器として中国語を使いたい人にとっては、初詣合格祈願資格は何よりの強い味方その中でも、オーソドックスに実力を示せる中国語検定がおすすめ。
自分の実力に応じて、受ける検定のクラスも選べるのも嬉しいところ。
今後ますます拡大する中国語会話、中国語翻訳者。いまから一歩先を狙うなら検定を取っておきたいところです。
中国語は発音が・・・
中国語には、ピンインと呼ばれる独特のクセ(発音)があります。基本が漢字なので、読み書きがとっつきやすい代わりに、発音に慣れるのが大変だと思います。
必ず、CDの付属した参考書や通信講座など、「耳で聞ける」教材をチョイスしましょう!



初詣合格祈願資格情報ページTOPに戻る